Top >  マジック読本 >  郵政大乱!小泉魔術(マジック)

郵政大乱!小泉魔術(マジック)

郵政大乱!小泉魔術(マジック)
大下 英治
郵政大乱!小泉魔術(マジック)
定価: ¥ 760
販売価格: ¥ 760
人気ランキング: 237595位
おすすめ度:
発売日: 2005-11
発売元: 徳間書店
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
郵政大乱!小泉魔術(マジック)の詳細を見る

郵政大乱!小泉魔術(マジック)は今すぐに読んで欲しい一冊です!
この事実を知っているかいないかで大きな違いが出ますから。

決して誇張しているわけじゃないです。
私が強く薦めるわけはこの本を読んでいただければ必ずご理解いただけるはずです。

だからと言って郵政大乱!小泉魔術(マジック)を色眼鏡で読んでは欲しくないのです。
素直に郵政大乱!小泉魔術(マジック)に書かれる世界を受け入れてみてください。あなたは新しい気付きを得ることと思います。

郵政大乱!小泉魔術(マジック)は多くの読者が高い評価で薦めています。
これも郵政大乱!小泉魔術(マジック)を私が薦める理由のひとつです。

政治史に残る選挙
 2005年の総選挙を幅広い対象への取材を基に再構成している。郵政民営化法案に反対票を投じた自民党と民主党の議員達の甘さが、改めて浮き彫りにされている。戦国武将を意識している小泉首相とでは、覚悟も先の見通しも比較にならなかったと言える。

 ただ、取材対象に気を使っているためか、民営化賛成派・反対派の意見とももっともらしく取り上げている。客観的というより節操が無いと感じる。郵政民営化の意義や影響を著者がどの程度理解しているのかも疑問である。

 取材対象が幅広い分、少し散漫な印象はある。その一方で、話題を集めた刺客候補達は一部を単発的に扱っているに過ぎない。構成に工夫の余地はあったろう。

 色々文句はつけられるが、この選挙を振り返るときの読み物として十分価値はある。

郵政大乱!小泉魔術(マジック)の詳細を見る

 <  前の記事 姉メイド  |  トップページ  |  次の記事 かんたんステージマジック  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1823

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)