Top >  マジック読本 >  ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代

ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代

ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代
ジム・ステインメイヤー
ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代
定価: ¥ 2,520
販売価格: ¥ 2,520
人気ランキング: 185799位
おすすめ度:
発売日: 2006-02-11
発売元: 河出書房新社
発送可能時期: 通常3〜5週間以内に発送
ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代の詳細を見る

ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代って書籍をご存知ですか?
実は私は最近まで知りませんでした。

表紙が損をしているかもしれませんね。
少なくとも私の食指を動かすような表紙ではないんですよ。まさか、こんなに良い本だなんて想像できないですって。そんなことないですか?

ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代を表紙だけで評価しちゃ駄目ですよ!
読んだらびっくりです!絶対、おったまげますから。。

ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代を読まれた多くの読者の評価も揃って高いようです。
まぢでお薦めですゾ。

古典マジックの紹介&歴史書
 著者は日本でも有名なマジシャン、カッパーフィールドのショーの企
画等を行ったりする人のようです。

 マジックの本というと、「あなたもやってみよう!」というような感
じの本を思い浮かべるかも知れませんが、本書はそういう類の本ではあ
りません。マジックのトリックの種明かしは載っていますが、気軽にで
きるテーブルマジックではなくステージ上で行われたり、大掛かりな装
置が必要となるものの説明ばかりですから。

 種明かし部分はありますが、本書では有名マジックとそれにまつわる
人々(マジシャン達)のエピソードに主力がおかれています。

 取り上げられているマジシャンの中でフーディーニ(1874?1926)が
最も有名だと思いますが、それ以外の人物も1800年代・1900年代前半に
活躍した人ばかりなので、古典マジックの紹介&歴史書という趣です。

 値段はやや張りますが、400頁近くのボリュームがあるため高すぎると
いうことはないでしょう。

 この本は、マジックが好きな方よりも古典推理小説の好きな方におす
すめしたいです。本書を読んでから古典推理小説(作中にマジシャンが
出てくるならなお良し)を読むと、より当時の状況を思い浮かべること
が出来て小説が楽しめると思うからです。

読みやすければ
やはり翻訳物の宿命か、表現が読みにくい作品になっている。歴代のマジシャン(プレステージ)について描かれている。フーディーニについては、昔映画でよくやっていたけれど、ほかのプレステージは初めて聞く名前が多かった。カッパフィールドよりも偉大なプレステージたち。観客を楽しませてきた偉大な人物に敬意を表したい。

歴史書としては評価できるが・・
他の書評で「トリックをここまで公開」とされていて期待して読んだので、不満足。マジックに関する歴史書としては良く纏まっているが・・・

ゾウを消せ----天才マジシャンたちの黄金時代の詳細を見る

 <  前の記事 宅建ポイント整理と確認問題 平成19年度版 (2007)  |  トップページ  |  次の記事 ザ・マジック vol.12 (12)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1768

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)