Top >  マジック読本 >  彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカス

彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカス

彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカス
清涼院 流水
彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカス
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 253084位
おすすめ度:
発売日: 2004-01
発売元: 講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカスの詳細を見る

彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカスは評判にたがわぬ良書のようです。
まだお読みでないようでしたら是非にもお薦めします。

体系立てて書かれる文章は親しみやすく、頭で考えなくても自然に理解できる自分を感じることが出来ます。
意外と思うかもしれませんが、こういう本って少ないんですよ。

読後は是非彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカスの世界の余韻に浸ってください。
私など「○○が××して」など・・・妄想しきりでした。

私だけでなく多くの読者も彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカスの世界観には魅力を隠せないようですね。
ハッキリとお薦めです。ご一読あそばせ!

流水前説
四大悲劇の一つ、彩紋家事件開幕。
今回は正直、普段のJDC物を期待して読むと肩透かしを食らうかも。
事件の前振りとでも言うべき内容で、2時間ドラマで言えば
最初の15分という感じ。
奇術サーカスの場面は少々くどい気がします。
何にでも素直に驚く螽斯はかわいいですけどね(笑)。
上下通しての「彩紋家事件」としての評価は下巻を読んでからに
するとして、とりあえず単体では☆3つです。

ちょっとしんどい
彩紋・九十九・冬扇の三つの家系からなる、奇術師の一座。
その一族の中で起こる、不可解な事件。
後に、「四大悲劇」の筆頭とされる「彩紋家殺人事件」に、
JDCがまだ日本探偵倶楽部として旗揚げして間もない頃の
若き総代・鴉城蒼司と螽斬太郎が挑む。
ってな所になるんでしょうか。
最初の場面は、ちょっと意外性がありました。
まさか、あの人たちのそんな場面からと。
まぁ、それはいいとして。
正直、奇術ショーの場面は、くどい気がしました。
多分、実際に目の前でやられたら、すごいんだろうな、くらいは
わかるんですが、いかんせん、文章だけでは表現は難しいようですが、
きっと、奇術が事件の鍵を握るものなので、
読まなければ、その内、訳がわからなくなるのでしょう。
最後の方は、家系図でも作らないと人間関係が理解できません。
彩紋・九十九・冬扇の三つの家系が複雑に入り組んでいます。
前作品内で活躍したJDCの探偵の幼い姿や
その肉親達の姿などを拝むことが出来ます。
まだ、前編なので説明的な部分が多いのかなと言う気がします。
後編で、どのようにしていくのかちょっと楽しみです。

彩紋家事件〈前編〉極上マジックサーカスの詳細を見る

 <  前の記事 ザ・タイガーマジック―タイガー・ウッズのショート・ゲーム!飛ばしよりもっと凄いアプローチ、バンカー、パットの技術  |  トップページ  |  次の記事 プリンセステンコー 魔法の絵本 勇気の章〈上巻〉  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1757

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)