Top >  マジック読本 >  サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和

サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和

サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和
デブラ ドイル
サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 201419位
おすすめ度:
発売日: 2003-07
発売元: 小学館
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和の詳細を見る

サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和は必読の書といって過言ではないでしょう。
あなたに必要な知識がこれでもかと詰め込まれた一冊です。

一見、難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
読んでいただければわかりますが、非常にわかりやすい表現で書かれた本です。

サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和の一冊を読んでいるかいないかは、今後のあなたの人生に大きな分岐をもたらすかもしれません。
それくらいこの世界では必携といわれる書物です。

サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和の読後感をレビューで確認いただければ私の言い分が大袈裟でないことをご理解いただけると思います。

大満足の完結編
1巻目からランドルと共に旅をしてきたストーリーも終焉を迎えます。読み終えて思うと1巻目からこの最終章への布石がいくつもありました。展開が速いので謎のまま残っていた部分も今回はっきりと解決します。最初のページからどんどん惹き込まれてハラハラドキドキの連続、さらにオールキャスト勢ぞろいって感じのラストまで一気読みしてしまいました。ラストは色々な名場面を思い出しながら読んでしまいました。ハリーポッターなどの原点とも言われてるこのシリーズは絶対に必見です。
ランドル、リース、ウォルターの旅をもっと見たいというリクエストに答えてか、ハリー・ポッターなどのファンタジーブームに刺激されてか分からないけど、14年ぶりに続編が発売されました。ファンとしては2度とランドルと旅を出来ないと思っていたところに最高のプレゼントになりました。

環が完成する
シリーズ完結、オールスター出演のこの一冊。
読んでいる間、楽しくて仕方ないです。
たいして長くないし、すぐ読めてしまう(短さより何より続きが気になって読んでしまうし)。
なのに、充足感。もりだくさん。ディテールがきちんとしていて、世界観がしっかりしているからだろうか。
ランドルの必死さ、へとへとでも頑張る姿に胸がどきどきします。
一巻、二巻と読んできて、これでシリーズ完結。三巻目で、環が閉じます。完成します。今までの小さなエピソードを全てカチリとはめて環がぐるっと出来上がります。
読み終えた瞬間から、14年ぶりの新シリーズでランドルたちにまた会えるのが嬉しくてたまりません。今度はどんな環が出来るのでしょう。

映画化してくれ〜!
なんでこのシリーズが映画化しないのか不思議なくらいです。最初は母にすすめられて仕方なく読む程度だったのですが、いまではもう友達全員にすすめたいくらいです。続編がでるかは知らないけど、ランドルや仲間たちのその後がしりたいです。

サークル・オブ・マジック ブレスランドの平和の詳細を見る

 <  前の記事 伝承・創作 指あそび・手あそび160  |  トップページ  |  次の記事 オセロ大観〈2〉  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1754

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)