Top >  マジック読本 >  共犯マジック

共犯マジック

共犯マジック
北森 鴻

定価: ¥ 560
販売価格: ¥ 560
人気ランキング: 26531位
おすすめ度:
発売日: 2004-10
発売元: 徳間書店
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
共犯マジックの詳細を見る

共犯マジックは必読の書といって過言ではないでしょう。
あなたに必要な知識がこれでもかと詰め込まれた一冊です。

一見、難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。
読んでいただければわかりますが、非常にわかりやすい表現で書かれた本です。

共犯マジックの一冊を読んでいるかいないかは、今後のあなたの人生に大きな分岐をもたらすかもしれません。
それくらいこの世界では必携といわれる書物です。

共犯マジックの読後感をレビューで確認いただければ私の言い分が大袈裟でないことをご理解いただけると思います。

緻密で仄暗いミステリ。
不幸のみを予言するという占い書フォーチュンブック。本を手にしたその時、歯車は回り始めたのか、狂い始めたのか。昭和の大事件を素材に、いくつもの事件と人とが交錯する連作のミステリ。
それぞれの短編が段々と絡み合いながら、最終話へとなだれ込んでいく。それぞれの影を抱えた登場人物達に、昭和の影を彩った事件。不幸を予言する占い書に相応しい、繊細で緻密でありながらも不可思議でおぼろげな読感・読後感。
あなたは、フォーチュンブックを読みますか?

テスト前日なのに読んじゃった
人の不幸のみを予言する謎の占い書である
フォーチュンブックを中心に、運命的な交差をしていく
男女七人の話というところに引かれて手に取りました。
北森さんの作品は、孔雀狂想曲を読んだことがあって
それがおもしろく私の好みに合っていたので期待して読みました。
結果は、私が期待していたようなものではありませんでしたが、
十分楽しめました。
本書は連作の形をとっているのですが、プロローグで示された登場人物
(なのかな?と思わせる男女達)がどのような形でその後に出てくるか
そして、最後にどんなオチがあるのかどきどきしながら読めました。
元ネタの事件をリアルタイムで知らない世代なので、その知識があれば
もっと深く楽しめたかもしれません。

共犯マジックの詳細を見る

 <  前の記事 花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまで  |  トップページ  |  次の記事 レインボーマジック1,2,3巻セット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1540

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)