Top >  マジック読本 >  花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまで

花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまで

花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまで
渡部 小童

定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 107178位
おすすめ度:
発売日: 2004-08
発売元: 土屋書店
発送可能時期: 通常3〜5週間以内に発送
花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまでの詳細を見る

花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまでをご紹介します。
もうすでに多くの方が読まれていると思いますが・・・

私もひとに薦められたのですが、いやぁびっくりしました。
読むほどに驚きの連続です。こういう世界があったのですね。

ひとつの気付きだと思うのですね。良く言われるところのブリンクでしたっけ?あれです。
花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまでの読後はこれまでのあなたの世界観を一変してくれることとおもいます。

花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまでに対する他の読者の評価も是非参考にしてください。

トランプ解説書よりこちらをおすすめ
100均のプラ製花札でもいい、大統領でもいい、とにかく花札を入手して、この本を紐解いてみてください。和の心を楽しむにはやはり和の文化財・花札が一番です。ポーカー等よりも興奮できるはず!

この本は初心者向けとあるだけあって、かなり詳しく解説してくれます。用語解説にはじまり、イカサマの見抜き方、競技解説と順を追って学べます。花合わせ・こいこい・はちはち・おいちょカブ等、花札ゲームでよく取り上げられる競技が紹介されています。

追記ですが、こいこいの欄には「雨四光」「三光」が役として出ていません。これはこいこい(他の競技もそうです)が、絶対的なルールというものをもたないからです。この本には「新作競技」という創作ルールも数点挙げられていますから、花札というものが競技者の創意工夫に多く依存するものだということがわかります。

花札コラムもあり、読み物としても完成されています。一家に一冊、是非。

花札を初めてやる人の本―花合わせ、コイコイからオイチョカブまでの詳細を見る

 <  前の記事 日用品だけでできるMr.マリックはじめての超魔術  |  トップページ  |  次の記事 共犯マジック  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1539

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)