Top >  マジック読本 >  MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!

MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!

MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!
フィリップ カーター
MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!
定価: ¥ 735
販売価格: ¥ 735
人気ランキング: 203587位
おすすめ度:
発売日: 2000-12
発売元: 青春出版社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!の詳細を見る

MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!って書籍をご存知ですか?
実は私は最近まで知りませんでした。

表紙が損をしているかもしれませんね。
少なくとも私の食指を動かすような表紙ではないんですよ。まさか、こんなに良い本だなんて想像できないですって。そんなことないですか?

MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!を表紙だけで評価しちゃ駄目ですよ!
読んだらびっくりです!絶対、おったまげますから。。

MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!を読まれた多くの読者の評価も揃って高いようです。
まぢでお薦めですゾ。

イギリスに知能指数(IQ)148以上の人だけが集まったメンサ(MENSA)という団体がある。その会員は世界中に10万人以上だと称している。このメンサのグループが作った問題集は、以前から何冊も出版されてパズル愛好家に読まれており、IQテストの参考書などとしても使われている。本書はそうした問題集のひとつで、ロジックに関する問題を中心として114問を集めてある。 メンサの会員が作った問題であることから、多くのパズル書に比べて問題はやや難解である。問88のように日本の読者にはおなじみの単純な鶴亀算や「ホテル日本」と表題がついた問15のように多くのパズル本に出ている有名なパズルも含まれている。しかし本書が取り上げている問題の多くは、数や図形がいくつか並んでいて、空所に入るものはどれかという形式や、いくつかの図形の中から仲間はずれはどれかという形式の、パターン発見に関するパズル、あるいはメンタルテストのような問題である。 巻末に答が載っているが、解説は短いものが多い。もっと丁寧に説明してほしいと思う部分があちこちにある。また問題文にもわかりにくいものがある。たとえば問20では「家の番号が1から82までふってあるとき、友人の家の番号を当てるために(1)家番号は40以下か、(2)家番号は4で割りきれるか、(3)家番号は平方数(整数の2乗になっている数)か、という3つのYes/Noの質問をした。家番号はいくつか」となっている。同類のパズルに何度か出あった人なら、この3問の答で番号が1つに定まるものを求めてほしいのだと想像がつくが、初めてこの種の問題を見たときには何を尋ねているか理解できない。 しかも77から82までの番号をふった図を添えてあるが、これは数の範囲を77以上に限定せよという意味かどうか迷ってしまう。この問題の答は64である。訳文の中でも、たとえば問72の「空所にどんな数字があてはまるか」は数字ではなく数が正しいし、問75の「線を一本引いて」は線でなく直線でないと答がいくらでもできてしまうなど、適切でないものがある。 しかしそうした小さな欠陥がいくつかあるにせよ、本書は難問が多いパズル本として、多くの読者に楽しんでもらえる内容である。楽しいイラストが多い、親しみやすい本だと思う。(有澤 誠)

難問集
なるほど確かにこりゃ難問だ、と思わせる問題もいくつかはあったのだが、全体的に見ると少々不親切なつくりは否定できない。例えば、この問題集の中でどれが難問で、自分が解いた問題がそれであるのか分かりづらい。パズル本の大半は最後に向かう程、問題の難易度が上がっていくのが分かるが、この問題集はむしろ、最初の方が難しいのではないかと思えてしまう。しかし、どこにも難易度の表記がされてないために、自分勝手な考えだが、難問を解いたという満足感が得られにくい。そこがまず、不親切だな、と思った。けれど、巷のパズル書に比べれば難問揃いかな、という内容でもあるので、結果的には買って正解だった。

論理的な思考力を試す名問集
一見すると「答えがないじゃないか」と思われるような問題ばかりがならんでいる。
しかしよくよく考えてみると、「もしこの問題に(唯一の)答えがあるとすれば、それはこういう前提をおいてこういう風に考えなければならない」というアプローチが唯一つあるのである。
これは巷のパズル本を卒業し、さらなる高みを目指す人にうってつけの本である。これが素直に解けるようならIQ148もまんざら嘘ではあるまいと納得させられる。

MENSA(メンサ)超難問パズルに挑戦!
日本のクイズとは、ひと味違った面白さでした! たしかにちょっとむずかしくて、3時間以上も考えてしまった問題もありました。でも解いていくと、頭の回転が良くなった気分です! 今までのパズルでは物足りない人には、ぴったりではないでしょうか!

MENSA(メンサ) 超難問パズルに挑戦!の詳細を見る

 <  前の記事 親子で遊ぶ!科学手品  |  トップページ  |  次の記事 マジック・ビデオ90選  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1694

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)