Top >  マジック読本 >  マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断

マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断

マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断
メアリー・ポープ オズボーン
マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断
定価: ¥ 819
販売価格: ¥ 819
人気ランキング: 37040位
おすすめ度:
発売日: 2003-02
発売元: メディアファクトリー
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断の詳細を見る

マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断は今すぐに読んで欲しい一冊です!
この事実を知っているかいないかで大きな違いが出ますから。

決して誇張しているわけじゃないです。
私が強く薦めるわけはこの本を読んでいただければ必ずご理解いただけるはずです。

だからと言ってマジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断を色眼鏡で読んでは欲しくないのです。
素直にマジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断に書かれる世界を受け入れてみてください。あなたは新しい気付きを得ることと思います。

マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断は多くの読者が高い評価で薦めています。
これもマジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断を私が薦める理由のひとつです。

定番の本です
アメリカで一番たくさん買ってきたシリーズの本です.現地の小学校では必ず読んでいました.下はキンダークラスから,上は5年生のクラスにも置いてありました.私はまだ読んでなかったのでボチボチ読んでます.英語自体はそれほど難しくなく,良識派のお兄ちゃんと,アニマル派の妹のテンポのいい会話が面白く,繰り返しのフレーズもあるので,音読にもいいなーとたまに誰も居ない時大きい声で読んでます.
今回はサバンナに行くことになっています.4巻ずつ大きくテーマがあり,色々な歴史の知識や動物の生態などが描かれているので,サイエンスや社会の勉強用としても認められているようでした.

簡単だけど・・・
3つめの謎解きはアフリカのサバンナへ行きます。謎自体は簡単なんだけど、それとこの物語がどう繋がるか最初全く検討つかなかったです。ある生き物の行動が全てのカギです。今回は動物が主な登場人物?なのでほとんど辞書を引かずに読めました!RLも少し低いです。是非中学生にチャレンジしてもらいたいです!!

老いも若きも
小学二年生の娘の為に買ったのに私や四年生の息子までもが
はまって次の巻が発売されるのを首を長くして待っています。
今回も発売日の朝に早速代表で本屋さんへ。
全てにふりがながついているので充分小さな子供でも楽しく
読む事ができます。結局最後には「よかった,よかった」と
同じパターンで終るのですが「ワクワク・ドキドキ」があり
飽きずに一気に読み終える事の出来るシリーズです。

マジック・ツリーハウス〈6〉サバンナ決死の横断の詳細を見る

 <  前の記事 マジック・ツリーハウス〈1〉恐竜の谷の大冒険  |  トップページ  |  次の記事 子どもにウケる科学手品77―簡単にできてインパクトが凄い  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1464

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)