Top >  マジック読本 >  ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉
ロベルト ジョビー

定価: ¥ 4,725
販売価格: ¥ 4,725
人気ランキング: 87252位
おすすめ度:
発売日: 2006-04
発売元: 東京堂出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉の詳細を見る

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉は今すぐに読んで欲しい一冊です!
この事実を知っているかいないかで大きな違いが出ますから。

決して誇張しているわけじゃないです。
私が強く薦めるわけはこの本を読んでいただければ必ずご理解いただけるはずです。

だからと言ってロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉を色眼鏡で読んでは欲しくないのです。
素直にロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉に書かれる世界を受け入れてみてください。あなたは新しい気付きを得ることと思います。

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉は多くの読者が高い評価で薦めています。
これもロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉を私が薦める理由のひとつです。

1,2とそろえてから買ってくださいww
5000円と値段が高いので、敬遠しがちでしょうが、3冊そろえてでも買ってもらいたいです。この3巻からテクニックメインになってきてますうえに、前巻をきちんと読んでると踏まえて著者は、本を記していますので、いきなり2,3巻辺りから読んでも初心者きついです。だからこそ、この本は一巻から購入をして、しっかり、何度も読まれるのをお勧めしたいです。

待望の第3巻
待望の、シリーズ第3巻の邦訳。
1,2巻の体裁をそのまま継承しており、
章ごとに実に詳細な技法の解説と
章の終わりにその技法を用いたマジックが1?3作品、紹介されている。
章分けは、
ダブルリフト(パート3)、マルティプルシフト、ファロー、フォールスディスプレイ、パーム上級編・・・・etc.

すでに知っていると思っている技法も、
本書でその解説を読むと、目を開かれる思いだ。
それぞれになにかしら、アイディアや改良が加えられたりしている。
例えばアスカニオ・スプレッドなど、
カードマジックが好きな人にとってはおなじみの技法だが、
現在一般に書店に流通している、日本語の書籍では
これほど詳細に解説しているものはないかと思われる。
また、「チェックポイント」、「ファイナルノート」と題した、
囲み記事も、さまざまな応用の可能性を示唆していて参考になる。

てっとりばやく、簡単にできるカードマジックをたくさん知りたい、という人にはおよそ向かない。技法の解説に多くを費やし、本の厚さのわりに、トリックの収録数は少ない(24作品)。また価格も決して安くはない。
それは1,2巻と同様。
しかし、カードマジックがこよなく好きで、
シリーズ既刊を気に入っている読者にとっては、
本書は期待を裏切らないクオリティだと思う。

実際には Card College は現在、5巻まである。
ぜひ、全巻邦訳してもらいたいものだ。

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第3巻〉の詳細を見る

 <  前の記事 サーカスがやってきた  |  トップページ  |  次の記事 東大式タネなし手品―子どもに大ウケ!  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1524

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)