Top >  マジック読本 >  楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉

楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉

楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉
栗田 昌裕
楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 58390位
おすすめ度:
発売日: 2001-11
発売元: ワニブックス
発送可能時期: 通常3〜5週間以内に発送
楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉の詳細を見る

楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉は評判にたがわぬ良書のようです。
まだお読みでないようでしたら是非にもお薦めします。

体系立てて書かれる文章は親しみやすく、頭で考えなくても自然に理解できる自分を感じることが出来ます。
意外と思うかもしれませんが、こういう本って少ないんですよ。

読後は是非楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉の世界の余韻に浸ってください。
私など「○○が××して」など・・・妄想しきりでした。

私だけでなく多くの読者も楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉の世界観には魅力を隠せないようですね。
ハッキリとお薦めです。ご一読あそばせ!

はまりました。
はじめは、なかなか立体視できなくてイライラしましたが、コツをつかむと
すぐ見えるようになり、楽しくてはまりました。
手をだしてたら、つかめるような錯覚をしてしまいます。
楽しみながら視力アップできるので、ぜひおすすめの本です。

軽くて心地よい、めまい
この手の本は書店でぱらぱらと流し読みで済ますのだが好奇心に勝てず買ってみた。
ステレオグラムという人間の眼の仕組みを利用して立体的に見えて
しまう絵本である。本書ではこの立体視可能な絵が約20ページ楽しめる。
楽しめる。と書いたが実は乗り越えなければならない山がひとつある。
立体視するための訓練が必要なのだ。
その過酷な?訓練を乗り越えたものだけが楽しめる世界という点である。
だが心配することはない。
本書では視力改善の理論と2種類の立体視法の説明、そして立体視のコツ
をくわしく解説してある。
フーセンガムを食べてフーセンを作る訓練をしたように、本書をじっと
眺めて立体視のコツをつかむのである。
1度できてしまえばあとはいとも簡単に立体視で?!?るから不思議だ。
はたして「みるみる目がよくなる」のか?はさておき、立体視をすることで
遠くと近くを交互に眺めたときのような軽くて心地よいめまいを感じる。
ストレス解消、目の運動になっていることは間違いないようである。
立体視の初心者は本書を書店店頭でマスターするのは困難であろう。
「立体視できない!」とストレスを溜め込んでしまわぬよう、
ぜひ、自宅のソファでくつろいで訓練することをお薦めする。

楽しく遊んでみるみる目が良くなるマジック・アイ〈2〉の詳細を見る

 <  前の記事 泡坂妻夫 マジックの世界  |  トップページ  |  次の記事 子供とたのしむやさしい手品  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1555

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)