Top >  マジック読本 >  ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉
ロベルト ジョビー
ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉
定価: ¥ 4,725
販売価格: ¥ 4,725
人気ランキング: 60792位
おすすめ度:
発売日: 2000-09
発売元: 東京堂出版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉の詳細を見る

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉という話題の本!もう読まれましたか?
わたしのまわりではあまり読まれていないのですが、とてもお薦めです♪

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉を読み終わったあと、わたしは著者のロベルト ジョビーさんの他の書籍が読みたくてしかたなくなりました。
こういうときネットって便利です。調べてみるとロベルト ジョビーさんの著書がロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉以外にも検索できるんですから。

ただ、ネットでの購入の場合、本の中身を立ち読みで確認ってわけにはいかないですよね。こればかりはどうにもなりません。

そういう時は本の詳細や実際に読まれた方のブックレビューが参考になるんですね。ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉に対する読者の評価を是非参考にしてください。

本格的に学びたい人へ
わたしは観客側からの「見破り」を習得(というのかわかりませんが)したくて本書を手に取りましたが、とてもシロートが理解できる内容ではないとおもいました。
カードマジックは、カードの持ち方から観客の視線や興味の誘導、会話といった複数の要因から成って仕掛けがされているのだと理解できた。見破りのテクを習得するなら本書の内容をしっかりと自分のものにしてからがまず一歩である。一流のマジシャンのテクを見破ろうなんざ10年早いか・・・

う??ん・・。
イラストがそれほどかゆいところに届いてないですね.
これなら、まだ、荒木氏のテクニカルなを買われた方が、実演も見れますので
いいかも。初心者の方がこの手の本を買うなら、ラリージェニングス氏のほうがいいかもしれません。

基本が大切
大変わかり易く基本内容が解説されており、入門書として非常によい解説書です。
カードマジックの上達の秘訣は基本をしっかり身に付けるのが大切です。
その点、この本は絵の解説が多くとても理解し易く、ひとつテクニックを身に付ける度に
そのテクニックを利用したマジックが解説の次に載っており、すぐに実践できます。
学ぶ楽しみを引き出してくれる一冊です。
本書では、大抵の人がすぐ真っ先に覚えたい、パスやディーリングと
いった高等テクニックの解説はありませんが、ゼロからの人にお勧めの一冊です。

ロベルト・ジョビーのカード・カレッジ〈第1巻〉の詳細を見る

 <  前の記事 ベーグル・マジック―ベーグルサンドイッチの本  |  トップページ  |  次の記事 レインボーマジック11 太陽の妖精ゴールディ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1498

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)